<< 4月22日の出産 寒い冬の出産 >>
味菜だより  平成23年4月9日
『未曾有の国難』
大惨事を知り、改めて、地震の怖さを知り、体が震えてしまいました。その日から、一ヶ月がたとうとしています。東北地方の皆さんの、現在を知るたびに、心が痛み言葉が見つかりません。日本国中の人が、自分に出来ることは何か、考える、日々を与えられています。その上、福島原発の危機。原発には反対と声を上げていたつもりでしたが、何時の間にか、私も、安心安全と言い続ける、東電に、惑わされてしまっていました。
資源のない、国、日本に取り、一番最良の道だといい続けて、危機的状況へのバックアップも万全と信じ込んでしまっていた、自分を知ることになりました。
平和な生活の中に、どっぷりとつかり、危機意識を感じなくなっていることを恥じています。

『命てんでんこ』
86歳のおばあさんが、8歳の時に、地震における大津波を体験してとき、父親から教えられた言葉だと、語り部になり、作られた紙芝居で、子供達に教えてきていたと知りました。大津波の時、つないでいた手が離れたと、泣く人たちも居ましたが、本当に命てんでんこ。それぞれが、子供の時から、生きる力を見につけて、育たないと、生き延びることはできないと、教訓を知っておられました。その東北の人たちでも、守りきれない未曾有の災難。今回は考えられないほどの大惨事。
安心安全の中で生きる都会の人間には考えられないほどの、力を持つ東北魂に敬意を表します。優しさ、思いやり、どれをとってもすばらしい!隣近所の助け合い精神も、培っておられました。
日本人皆で、この災難を乗り切るつもりで頑張りましょう。
私達に出来ることは何か、今こそ考えましょう。 
『体験学習の子供達』
もう、10年も前になりますが、我が家で、友人ご夫妻の助けを借りて、家族の体験学習をしていました。当時、小さな子供だった子が、この春休み、次々に訪ねてきてくれました。高校や中学に合格したと言う報告。お母さんと一緒に、お手伝いを1日頑張ってくれました。力仕事も、平気でこなして、たくましさを感じて、嬉しくなりました。別の子は
中学三年生に進級。佐世保市である落語会で前座を務めるので、見に来て欲しいと、チケットを持って、訪ねてくれた子。
その中でも、一番身近に感じる子供達は、3年前から、お友達数人と、通い続けた、女の子。6年生を卒業して、中学受験で合格。我が家の体験学習も卒業になりました。
本当は伝えたいことがたくさんあったのですが、仕事をしながら、遊びに付き合うだけになってしまったこと、申し訳なく反省して終わりました。
10年前の体験学習が忘れられなくて、もう一度、挑戦してみたいとひそかに、そのチャンスを狙っています。
『子豚たち』
寒かった冬の間にも、たくさんの子豚が生まれました。中でも、イノブタの子は、寒空でも元気一杯で、その生命力の強さに驚きました。イノブタの母もとても子育てが上手で、豚のように母豚の寝返りで、子豚を敷くこともありません。自然界に生きる生命力を見せつけてくれました。我が家には、5年目の大きな母豚が居ますが、食べることにばかり貪欲で、ほかの豚の餌まで、取り上げて食べ続け、太りすぎになりました。子豚を出産しましたが、難産で、全て仮死状態で生まれて、生まれてすぐにおっぱいに向かわなくてはいけませんが動きません。全て死んでしまいました。こんな経験は初めてで、落ち込みました。人間も出産の時太り過ぎないようにと、注意されますが、まさに同じで、悲しい思いをしましたが、勉強させられました。
『春』
我が家の周りには、たくさんの花が咲き出しました。
桜も木蓮も、桃も、一度に咲きだして、心を癒してもらっています。
そろそろ、周りのお百姓さんたちは田んぼの準備に取り掛かりだしています。
つわの煮物。山菜のてんぷら。ワラビのお味噌汁。このところ、たくさんの山の幸で春を味わっています。残念なのは筍まだ一本も取れてないことです。イノシシが大暴れ、全ての筍は食べつくされています。そろそろ、飽きて食べないでくれないかと、毎日、みていますが、まだ一本もありません。今年は、ますます、イノシシが増えているようです。
『新しい仲間』
友人が、わざわざ、1日がかりで、福江島から、ハイポー豚の子豚をもらってきてくれました。養豚業を廃業されると言うことで、もらって欲しいと友人が頼まれて、我が家まで運んでくれました。まだ1ヶ月の小さな子豚で、今後、我が家の母豚候補生5頭、種豚候補生1頭。又、新しい、血が加わり、どんな子豚が生まれるか楽しみです。
友人には心から感謝です。
[PR]
by ajisaishizenmura | 2011-04-09 08:39
<< 4月22日の出産 寒い冬の出産 >>