アクシデント >>
久しぶりのブログ
味菜だより          平成24年3月3日
随分長く、ブログをお休みしていました。
昨年は、10月20日に私の母が亡くなり、続いて12月5日、夫の母を亡くして、続けての不幸に、精神的に落ち込みました。法要などあわただしく過ごして、落ち着きませんでした。寒い冬がやっと終わりを告げ、春がすんなりとやってくるかと期待していましたが、気温が上がりだして、ずっと雨続き。うんざり状態です。我が家は、豚の放牧場に田んぼを利用していますので、水が掃けず、水溜りがあちこちに出来て、えさやりも大変です。我が家の場合、餌は電気柵をまたいで、放牧場の中に餌を運びびれて食べさせます。
赤土で、豚が鼻でかき混ぜた泥んこがすべり全身に力が入り、足や、腰や、腕、肩、筋肉痛で凝り固まっています。今月62歳になる老体には厳しい現状です。
こんな雨でも豚たちは食欲旺盛。餌に飛びついてきます。えさやり場を作らないと厳しいと言いつつ、毎日の作業に追われて、一向に出来ません。
寒い冬の間も、子豚は次々に生まれました。と言いましても、相変わらず我が家の販売ペースにあわせて、毎月一回の出産ペースです。気温が下がる、冬の出産は、毎回ですがしっかり土着菌を醗酵させて、出産用の醗酵床を作ります。地温早く20度。ぬくぬくとして、子豚は元気に育ちます。我が家の豚は、母か父のどちらかを、黒豚にしています。
半分はイノブタが中心になりますが、野生の血はやはりすごくて、生命力が違います。生まれて3日めには走り回ります。この生命力で、自然界でもどんどん増えているのでしょう。すごく賢くて、ジャンプする力はすごい!良く見ると御尻が小さい。豚と大きく違うのはお尻に肉がつかないことです。体全体が丸くて、豚とは大違いです。
肉にして見ますと、ばら肉が多くて、モモ肉が少ない。肉を販売する方からしますと、モモ肉が取れませんので、大変ですが、やはり、この生命力がなんとも魅力的。
放牧場に入れますと、頭がいいので、電気柵に近づきませんので、飼い方が難しいことはありません。人に良く慣れますし、飼いやすいと言えます。
春のこの時期は、竹林に放すと、筍を食べて大喜びするのですが、放牧を休ませている間に、竹が伸び放題。電気柵をするには、竹切からはじめなくてはなりません。
崖の竹きりは体力勝負。息子の手伝いがなかなか難しくなってきた老体です。
そろそろ、定年退職の日も近いようです。
[PR]
by ajisaishizenmura | 2012-03-04 09:26
アクシデント >>